MENU

女性の薄毛は意外と多い

髪の毛スカスカの悩む女性
髪の毛がスカスカで悩む女性が増えていますが、髪の毛の薄毛って聞くと、女性より中年男性の頭を想像してしまいませんか?

 

確かに、女性にくらべ日本の中年男性は髪の毛の薄毛に悩んでいる方ってすごく多いですよね。

 

しかし、実は髪の毛のスカスカ問題は男性だけの問題ではなくなってきているのです。

 

女性の中にも、髪の毛がスカスカと感じるスカスカ問題に悩んでいる方は年々増えてきています。

 

その理由は、もちろん現代の高齢化社会という点にもありますが、それだけではありません。

 

そして、女性の髪の毛のスカスカ問題が深刻化していることを裏付けるように、中高年女性向けのヘアケア用品、女性向け育毛剤等が次々に発売されてきています。

 

つまり、女性の髪の毛の育毛剤市場が広がってきているということなんですね。

 

そして、様々なアンケートでも、髪の毛のスカスカについて気になると答えた女性の割合は7割以上。

 

程度は異なるものの、多くの女性が自分の髪の毛のスカスカ具合や薄毛を気にしているということがわかります。

 

また、今現在は髪の毛のスカスカではなくても将来髪の毛がスカスカの薄毛になってしまうのではないかと髪の毛の不安を抱えている女性も大勢います。

 

この女性の髪の毛のスカスカ問題、厄介なのはなかなか人に相談できない問題だということ。

 

髪の毛スカスカについて相談する女性

 

「最近、私の髪の毛スカスカになってきて」
 
「このごろ髪の毛スカスカなんだけどどうしたらいいかなあ」

 

 

なんて、そう気軽に人に相談できる女性は少ないでしょう。

 

また、頭頂部や後頭部は普段なかなか目につかない部分なので、初期症状の段階でスカスカに気が付きにくいという点もあります。

 

気が付いた時にはすでに髪の毛がスカスカ…となっているんですね。

 

特に女性の場合、男性と違って髪の毛の量が多かったり、長かったりするので隠れてスカスカに気が付きにくいという場合もあります。

 

そんなわけで、気が付いた時には女性の髪の毛のスカスカ症状が結構進行していて、もう誰にも相談できない…となる訳です。

 

実際に女性が髪の毛のスカスカについて気が付いて、誰かに相談した人とできなかった人の割合は半々のようです。

 

相談できた場合はいいですが、半数の方が相談できずに一人で悩みを抱えます。

 

そして、髪の毛のスカスカは他人の視線もすごく気になってしまいます。

 

実は周りはスカスカに気が付いていて、陰で笑われてるんじゃないかとか…

 

そのうち、今度は自分が他人の髪の毛のスカスカを気にするようになってきます。

 

そんな風にして、どんどん髪の毛のスカスカのことばかり考えるようになり、最終的には自分に自信がなくなって家からあまりでなくなってしまったりするんですね。

 

なので、ちょっと髪の毛がスカスカかも?と思った方も、髪の毛がスカスカでやばい!と思った方もまずは当サイトで髪の毛スカスカの原因をチェックしてみてください。

 

心当たりがある項目については、私生活の中で改善できるものがあれば積極的に改善していきましょう。

 

さらに、対策もいくつかご紹介していますので、自分に合ったものを試してみるのもいよいと思います。

 

何もしないで放置すると、髪の毛のスカスカはどんどん進行してしまいます。

 

何事も早めの処置と対策が重要ですよ。

 

女性の髪の毛がスカスカになる原因

女性の髪の毛のスカスカ薄毛は、いくつかの原因によると考えられます。

 

基本的に男性にも共通している項目がありますが、中には女性特有のものもあります。

 

髪の毛や頭皮によくないことはどんどん排除していって、健康的な頭皮環境を整えることが、スカスカを改善する第一歩となります。

 

女性に多いカラー

髪の毛スカスカの原因のひとつであるヘアカラー
女性は化粧や髪の毛ってすごく大切にしています。

 

女性の身だしなみやおしゃれは命と言っても過言ではありません。

 

しかし、カラーリングは髪の毛のスカスカの大きな原因の一つです。

 

カラー剤は化学薬品ですから、頭皮に付着するとダメージを与えます。

 

脱色するブリーチも同じですね。

 

皮膚が弱い方だと痛みが出たり、かぶれてしまうこともあります。

 

よく、ヘナカラーは天然成分だから大丈夫という方がいますが、もしあなたが髪の毛のスカスカで悩んでいたり、兆候があるのならおすすめしません。

 

それでも、どうしても髪の毛を染めたい、髪の毛の白髪染めがしたいという場合には、自宅で行うのではなく、美容室で行うことをオススメします。

 

そして、なるべく頭皮につけないようにとお願いしましょう。

 

自宅で行うよりお金はかかりますが、美容室で行う方がスカスカリスクは減ります。

 

他に、髪の毛の白髪染めの場合には、カラー剤を使用するのではなく、白髪用カラーシャンプーを利用するという手もあります。

 

カラーシャンプーは、洗うたびに髪の毛の白髪を目立たなくしてくれるのですが、カラー剤のような刺激がないのでスカスカになるリスクを減らしてくれます。

 

白髪用カラーシャンプーで有名なのは利尻カラーシャンプーですね。

 

利尻カラーシャンプー

利尻シャンプー
シャンプーして洗い流すだけで簡単。
無添加で髪や頭皮にやさしい。
洗うたびに白髪が目立たなくなる。

 

>>利尻カラーシャンプー公式サイトはこちら

 

 

女性が大好きなパーマ

パーマも髪の毛スカスカの原因
パーマもカラーと同様に、頭皮や髪の毛にとても刺激が強い薬剤を使用しますのでスカスカになる危険性が。

 

パーマ剤は強いアルカリ性の薬剤ですが、頭皮は弱酸性です。

 

この強いアルカリ性のパーマ剤を使用することで、髪の毛は痩せてしまいますし、頭皮にもダメージが蓄積します。

 

その結果、抜け毛が増えて髪の毛スカスカが進行していくのです。

 

ひどい場合は皮膚炎を起こすこともあります。

 

大丈夫な方は大丈夫なんですが、髪の毛のスカスカを気にする方はパーマもあまりオススメできませんね。

 

仮に行うにしても、あまり頻繁に繰り返すことは避けましょう。

 

女性だってストレスを抱える

髪の毛スカスカの原因のストレスを抱える女性
女性は日常的にいろいろなストレスを受けたり、抱えたりしています。

 

ストレスフリーの方ってまずいないと思います。

 

ですが、過度なストレスを受けると、人はそれが体に現れてしまうことがあります。

 

その一つが髪の毛のスカスカです。

 

カラーもパーマもしていないし、きちんと毎日髪の毛を洗ってるのになんでスカスカに?と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実はストレスが原因の髪の毛のスカスカも非常に多くなっています。

 

ストレスが原因の代表的な症状と言えば胃痛や胃潰瘍などがありますね。

 

また、精神的な面で言うとうつ病なども考えられます。

 

こういった症状と同じで髪の毛や頭皮にもストレスが表れることがあります。

 

例えば、過度のストレスを受けたことで頭皮の血行を調整している自律神経が緊張してしまいます。

 

すると、血管が収縮して血行不良になり髪の毛がスカスカになるんです。

 

他にはストレスからくる不眠症、胃などの内臓への影響などが発生し、それらが健康的な髪の毛の発毛を邪魔して髪の毛のスカスカになってしまう場合もあります。

 

だからと言って、すぐにストレスの原因をなくすというのは難しいかもしれませんが、何かの形でストレス解消法を見つけたり、ストレスの原因を少しでも改善することを目指してみるとスカスカ具合がよくなるかもしれません。

 

不規則な生活で髪の毛がスカスカに?

髪の毛スカスカになる不規則な生活を送る人
睡眠不足や、不規則な生活習慣は髪の毛のスカスカの原因となる場合があります。

 

不規則な生活をすることで、自律神経がバランスを崩したり、ホルモンバランスを崩す原因となります。

 

すると、女性の命である髪の毛のヘアサイクルが乱れて発毛や育毛に影響が出てスカスカになります。

 

他の原因に比べて直接的なスカスカへの影響は低いですが、髪の毛のスカスカ薄毛にお悩みの方はできる限り規則正しい生活を送るようにしましょう。

 

女性には少ない喫煙

髪の毛スカスカになるから禁煙しましょう
喫煙は百害あって一利なしというように、体にはよくないことが多く、髪の毛のスカスカにも非常によくありません。

 

大きな原因としては、タバコを吸うとビタミンCが奪われてしまうことと、一酸化炭素中毒状態となる為、血管が収縮して血行が悪くなる、結果的に髪の毛がスカスカになります。

 

ある研究結果では、喫煙によりスカスカを引き起こすといわれているホルモンが増加するという結果もでているとか。

 

髪の毛のスカスカはもちろんですが、それ以外にも様々な健康に対する害があるタバコは、早急にやめることをオススメします。

 

シャンプー

シャンプーしすぎは髪の毛スカスカのもと
髪の毛がスカスカにならないように、毎日しっかりシャンプーして髪の毛や頭皮をきれいにしておけば大丈夫…ではありません。

 

確かに、不潔にしておくよりは清潔にしておいた方がいいですが、気を付けなければならないのは過剰な洗浄です。

 

髪の毛のスカスカを気にするあまり、シャンプーの頻度が多くなりすぎたり、ゴシゴシ爪を立てて洗ったりしてしまうと逆効果です。

 

頭皮には皮脂があり、この皮脂が例えば紫外線などから頭皮を守るバリアの役割をしてくれています。

 

しかし、過剰にシャンプーすることで必要なはずの皮脂が洗い落とされてしまい、頭皮が無防備な状態になり、抜け毛が増えたりしてスカスカになります。

 

過剰に皮脂が分泌して毛穴に詰まっているのはよくないですが、洗いすぎも良くないということを理解しておきましょう。

 

女性特有のホルモンバランス

ホルモンバランスが崩れて髪の毛スカスカに
特に女性の髪の毛のスカスカにはホルモンバランスの乱れが関係していることが多くあります。

 

よく、男性ホルモンは髪の毛の薄毛の原因と言われていますが、逆に女性ホルモンは髪の毛を成長させる成分を持っています。

 

具体的には女性ホルモンの中のエストロゲンといいますが、ホルモンバランスが崩れてこのエストロゲンが減少してしまうと、スカスカになってしまうことも。

 

エストロゲンが減少する原因はいろいろで、加齢での減少もありますが上記でご紹介したようなストレスによる減少も考えられます。

 

また、女性に多い過剰なダイエットや出産でもホルモンバランスが崩れて髪の毛がスカスカになることも。

 

女性の場合出産などはやむを得ない事情ですから、なるべくストレスをためないようにしたり、生活習慣を見直すことでスカスカの改善が見込めるかもしれません。

 

女性も加齢で髪の毛がスカスカになる

年齢とともに髪の毛スカスカになることを悩む女性
女性のホルモンバランスのところでもご説明しましたが、女性も加齢とともに髪の毛を成長させるエストロゲンの減少が始まります。

 

これにより髪の毛のスカスカが進行してしまうことがあります。

 

対策としては、エストロゲンを含む食品の摂取です。

 

エストロゲンは大豆製品に多く含まれていますので、納豆や豆腐などを積極的に摂取するとよいでしょう。

 

また、エストロゲンなどのホルモンバランスを保つにはストレス解消と十分な睡眠も必要なので、生活習慣も合わせて見直すことでスカスカを改善しましょう。

 

女性のいろいろな脱毛症

これまでご紹介した様々な髪の毛のスカスカの原因は、主に毎日の生活習慣に関するものがメインでした。

 

次は、いわゆる髪の毛の「脱毛症」についてです。

 

髪の毛の脱毛症でスカスカになると言っても、いろいろな原因による脱毛症があります。

 

中には特有のものも。

 

これらは、きちんと原因を見つけて正しい対策を講じることが、スカスカ症状改善のカギとなります。

 

分娩後脱毛症

女性の場合妊娠や出産をきっかけに、髪の毛の抜け毛やスカスカが気になったという方がいると思います。

 

これは、妊娠出産によるホルモンバランスの乱れが原因と言われています。

 

主に女性ホルモンのエストロゲンが減少することで、髪の毛がやせ細ったり抜け毛が増えてスカスカになります。

 

これが原因の場合には、産後数か月間は気になるかもしれませんが、1年ほど経過するとスカスカ具合も落ち着いてくるでしょう。

 

ただし、それ以後も髪の毛の抜け毛やスカスカが気になる場合には、別の原因でのスカスカが考えられますのでチェックしてみた方がいいかもしれません。

 

ひこう性脱毛症

あまり聞きなれないひこう性脱毛症ですが、これはフケが大量発生した場合に考えられる脱毛症です。

 

ひこうとは、頭皮の表面の角質が増加し、はがれおちるところからきているようです。

 

カラーやパーマなどで頭皮に刺激が加わったことをきっかけに、頭皮の乾燥や雑菌の増加から炎症を起こします。

 

ひどくなるとかゆみや湿疹が出てくることも。

 

結果、スカスカになる部分ができてしまいます。

 

円形脱毛症

円形脱毛症は、髪の毛の脱毛症の中でもメジャーな症状として知られています。

 

その名の通り、円形に部分的にスカスカになるので、よく10円はげなどとも呼ばれたりします。

 

小さいものだと、なかなかスカスカ初期に気が付くことはなく、大きくなってきてからだったり、美容室で美容師さんにスカスカを指摘されて気が付くことも多いようです。

 

主な原因はアレルギー性のもの、そして精神的ストレスがあります。

 

アレルギーなら原因を突き止めるのが容易ですが、ストレスの場合にはなかなか解決が難しいですよね。

 

もし、ストレスの原因が明確な場合には、ストレス解消法を見つけてみたり、なるべくストレスの原因から距離を置くことを考えてみるとスカスカを改善できるかもしれません。

 

牽引性脱毛症

こちらも女性に多いポニーテールなどで、髪の毛を強く引っ張ることを日常的に続けていると、牽引性脱毛症でスカスカになることがあります。

 

自分では毎日見ているのでなかなか気が付きにくいですが、ある日ふと過去の自分の写真などと比べて、髪の毛がスカスカになったことに気が付きます。

 

最近では、女性以外にもエクステやドレッドなど髪の毛のおしゃれとして流行していますが、これらも牽引性脱毛症の原因となりやすいので注意が必要です。

 

解決策としては、なるべく髪の毛や頭皮への負担を減らすこと。

 

特に、女性のポニーテールのように髪の毛を強く引っ張る状態はスカスカを誘発してしまいかねません。

 

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症の原因となるのは、マセラチア菌と言われています。

 

マセラチア菌は、皮脂の分泌が多い場所に多く存在していますので、主にTゾーンあたりに多いといわれています。

 

このマセラチア菌が増殖すると、炎症を起こして脂漏性脱毛症でスカスカになることがあります。

 

かゆみや赤みなどの症状が出ることもありますので、まずは炎症を抑えることを優先する為、病院などで治療すること。

 

それがスカスカ解消の第一歩です。

 

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は、部分的にではなく、全体的に髪の毛がスカスカになる症状です。

 

女性版AGAなどとも言われています。

 

すぐに気が付きにくく、なんだかスカスカにくなってきたな…と感じたらびまん性脱毛症だったという場合があります。

 

びまん性脱毛症の基本的な原因は上記でご紹介しました一般的な髪の毛のスカスカの原因と同じです。

 

女性の加齢やホルモンバランスの乱れ、過度なダイエットに不規則な生活習慣や食生活の乱れなどがあげられます。

 

なんとなく髪の毛がスカスカになってきたな?と感じたら、一度そういった原因をチェックしてみるとよいでしょう。

 

女性の髪の毛スカスカを防ぐ為の対策

女性の髪の毛のスカスカ対策はいろいろありますが、病院へ行くほどでもない場合、特に加齢などによるものの場合は、自宅でできる髪の毛のヘアケアでスカスカが改善できる場合があります。

 

スカスカは気になるけど、いきなり病院へ行くのはちょっと気が引ける…という方は、まずは生活習慣を含めた頭皮環境を見直してスカスカ対策をしましょう。

 

そのうえで、さらに髪の毛のスカスカの状態を改善するをお手伝いしてくれる女性用ヘアケアアイテムなどを使用してみるとよいのではないでしょうか。

 

髪の毛の育毛剤と聞くと男性専用アイテムのように感じる方も多いと思いますが、今はスカスカを改善できる女性用の育毛剤もたくさんあります。

 

そんな女性用育毛剤の中から、特に人気のアイテムをご紹介していますので、スカスカ改善の参考にしてみてください。

 

マイナチュレ

マイナチュレ

  • 女性向け無添加薬用育毛剤。
  • 植物成分/生薬/アミノ酸など計41種配合。
  • 香りが気にならない無香料。
  • @コスメで常に上位の人気アイテム。
  • 90日間全額返金保証。

マイナチュレ育毛剤の口コミや効果については「マイナチュレ育毛剤の口コミや効果は?」をご参照ください。

 

 

 

 

 

ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤

  • 無添加ナノ育毛剤。
  • 業界最大級の56種類の育毛頭皮ケア成分配合。
  • 天然由来成分99.6%。
  • 頭皮にやさしい弱酸性&無添加。
  • 90日間全額返金保証。

 

 

 

 

長春毛精

長春毛精

  • お客様満足度97.2%の人気アイテム。
  • 発毛・育毛サロンから誕生した薬用育毛剤。
  • 生薬の権威「長春中医学院」と共同開発。
  • 女性の為に厳選した和漢12種類配合。
  • ナノエマルジョン製法で高い浸透力を実現。

 

 

 

髪の毛の自己ケアでもスカスカが改善しない時は病院へ

髪の毛スカスカになったら駆け込むクリニック
髪の毛のスカスカが気になっても、すぐに誰かに相談したり病院へ通院するのはなかなか気持ちが向かないと思います。

 

スカスカの症状にもよりますが、ひどい炎症を起こしたりしていない場合には、まずは女性用タイテムで髪の毛の自己ケアから初めてみるのもスカスカ改善には良いかもしれません。

 

生活習慣であったり、ちょっとした髪の毛のケアを心がけるだけでも髪の毛はスカスカではなくなってきます。

 

しかし、髪の毛の自己ケアを続けてもスカスカが改善しない、スカスカが悪化しているような気がする場合には、早めに病院で診察を受けることをオススメします。